読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T. A. Z. The Temporary Autonomous Zone(一時的自律ゾーン), Ontological Anarchy(存在論的アナーキー), Poetic Terrorism(詩的テロリズム) Hakim Bey(ハキム・ベイ) 箕輪 裕 訳<span class="deco" style="font-size:medium;">

epub PDFで読めます


謝辞 ACKNOWLEDGEMENT

 『カオス:存在論的アナーキズムの宣伝ビラ』は、まず1985年にニュージャージー州ウィーホーケンのグリム・リーパー・プレスから出版された。その後ロード・アイランド州プロヴィデンスで再版され、そしてその版はコロラド州ボールダーで海賊版が出た。その他の版としては、1990年のプロヴィデンスのフェアラーク・ゴーレムより発行されたもの、カリフォルニア州サンタクルーズにあるウィ・プレスによる海賊版がある。『一時的自律ゾーン』は、ボールダーの「幽体離脱した詩学(ディースェンボディード・ポエティックス)」のジャック・ケルアック・スクール、並びにニューヨーク・シティの WBAI-FM で朗読されたものである。
 この本に含まれている各部分を掲載してくれた以下の出版社(現存/廃刊を問わず)に感謝の意を表します(疑いなく、わたしはそれらの多くを忘失してしまっているでしょう──申し訳ない!)──『ケイオス("Kaos")』(ロンドン)、『ガニミード』(ロンドン)、『パン』(アムステルダム)、『ポピュラー・リアリティ』、『エクスクィジット・コープス』(同様に『スティフェスト・オヴ・ザ・コープス』、『シティ・ライト』)、『アナーキー』(コロンビア、ミズーリ州)、『ファクトシート・ファイヴ』、『ダールマ・コンバット』、『オゥヴォウ』、『シティ・ライツ・レヴュー』、『ランツ・アンド・インセンディアリー・トラクツ』(アモク)、『アポカリプス・カルチャー』(アモク)、『モンド2000』、『ザ・スパラディクル』、『ブラック・アイ』、『ムーリッシュ・サイエンス・モニター』、『ペイ!』、『ファグ・ラグ』、『ザ・ストーム!』、『パニック』(シカゴ)、『ボロ・ログ』(チューリッヒ)、『アナテマ』、『シディシャス・デリシャス』、『マイナー・プロブレムズ』(ロンドン)、『アクア』、『プラキルパーナ』。

 また、以下の各人に感謝を捧げます。ジム・フレミング、ジェィムズ・ケーンライン、スー・アン・ハーキー、シャロン・ギャノン、デイブ・マンドゥル、ボブ・ブラック、ロバート・アントン・ウィルソン、ウィリアム・バロウズ、 P.M.、ジョエル・バーロコ、アダム・パーフリー、ブレット・ラザフォード、ジェイク・ラビノヴィッツアレン・ギンズバーグ、アンヌ・ヴァルトマン、フランク・タリー、アンドレ・コドレスク、デイブ・クローバー、アイヴァン・スタン、ナザニエル・ターン、クリス・フンクハウザー、スティーヴ・イングランダー、アレックス・トロッター

──1991年5月