読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Scanner darkly 統合されたスペクタクルと秘密の支配 酒井隆史

権力は何も創造しない。それは取り込む ( co-opt ) のだ ( internationale situationste /10 ) 。 それに死者だって、感情があればの話だけど、生者に利用されて悪い気はするまい。理解はできなくても、見ることはできる死者。こいつらは、おれたちのカメラ…

〈運動〉以降 酒井隆史

「しかし、どうしても歴史を参照するというのであれば、なぜ、堅固このうえなく定着しているかにみえた人間、制度、思想が一掃された画期的な時期を参照の対象としてえらばないのか……」(フェリックス・ガタリ) 1 post-political politics イタリアの76年…

メガロポリスの予言者 ──現代都市における所有と占有について──  酒井隆史

スクワティングという言葉かある。空き家占拠と訳されもするが、このスクワティングという問題は、いま世界のなかで、都市と公共性を考えるときに欠かすことのできない現象といえる。 ごく最近、あるジャーナリストリストによるスクワティングについての著作…