近藤紀宏

「知のあり方」について──『オリエンタリズム』の視点から 近藤紀宏

序 21世紀を迎え、20世紀を振り返ればまさに「〈西洋〉*1の時代」と捉えることが最もこの世紀の本質を明確にすると考えられる。また、この状況は「知」なるものを語る上でも妥当するだろう。この近代的な「知」とは即ち、前近代的な「神の視点」を越えた…