読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネの新しさ 山中哲夫

PDFで読む バタイユはそのすぐれたマネ論の冒頭を次のような書き出しではじめている──くマネの名が絵画史の中でもつ意味は別格である。マネは単にきわめて偉大な画家であるばかりではない、彼は彼以前の画家たちとはっきりと断絶したのである。彼はわれわれ…

2つのマネ論──バタイユとフーコー 吉田裕

PDFで読む 1 共鳴する2つのテキスト エドゥアール・マネが近代絵画を開始させる画家であったこと、19世紀の最も重要な画家であることについては、どこからも異論は出ないだろうが、それだけにある種の読み方が既定のものになってしまっているかもしれな…