2012-05-15から1日間の記事一覧

マネの新しさ 山中哲夫

PDFで読む バタイユはそのすぐれたマネ論の冒頭を次のような書き出しではじめている──くマネの名が絵画史の中でもつ意味は別格である。マネは単にきわめて偉大な画家であるばかりではない、彼は彼以前の画家たちとはっきりと断絶したのである。彼はわれわれ…